バイクの任意保険に入らない選択肢はなし!保険の必要性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

バイク保険にも、自動車保険と同様に自賠責保険と任意保険の2つの保険があります。

自賠責保険は、法律で決められたものだから絶対に入らないと駄目だけど、任意保険は強制ではないし、料金も高いから入らなくいいと考えている人いませんか?

任意保険は不要という考えは非常に危ないです。

なぜなら、バイクは自動車に比べて事故率が高く重度の障害になりやすいからです。加えて自賠責保険だけの加入で事故を起こせば、補償内容と補償金額の面で、相手へ充分な補償ができず大きな借金を負う可能性が高いです。また、あなたが被害者で相手が無保険車の場合、慰謝料や必要な治療費が支払われる可能性は限りなく低いです。

そこで今回はバイクの任意保険の必要性について、自賠責保険の補償内容・金額とバイクの事故率と怪我の重度具合の2つの視点から説明します。

1.自賠責保険の補償内容の範囲と補償金額

自賠責保険の補償範囲は、事故を起こした場合の被害者側(相手方)の対人に対する補償のみです。

バイクの自賠責保険と任意保険の補償範囲

つまり、自賠責保険のみの加入であれば、事故で損害をあたえた被害者側の所持品などの対物補償は全て自分のお金で補償することになります。また、加害者側に対する一切の補償はないので自分や同乗者が怪我をした場合の通院費や手術費用には、補償金は支払われません。ガードレールや信号機などの工作物を壊してしまった場合の損害賠償も自費で支払うことになります。(ガードレール1スパン:30万円|信号機:500万円程度)

また、自分が事故に巻き込まれた被害者の立場でも、事故の免責率に合わせて対物補償をしなければいけないので相手が高級車などの場合だと非常に高い金額を請求されるケースも考えられます。

加えて、任意保険に入っていないと事故対応を保険屋に任せることができず、全て自分で行うことになります。バイクでの事故なら怪我などで身動きが取れない可能性が高いのでいつの間にか不利に話が進んでいる可能性もあります。

事故を起こせば、自分が加害者でも被害者でも、自賠責保険の範囲では補償がカバーできない可能性が非常に高く、事故後の処理の面でも任意保険は必要だと言えます

1-1.自賠責保険の補償上限金額だけでは不十分

自賠責保険では、補償金額の上限が設定されています。

自賠責保険の補償内容 補償金額
相手が死亡した場合の慰謝料・葬儀費など 上限:3000万円
相手に後遺障害が残ったの場合の治療費と慰謝料など 上限:4000万円
相手の怪我の治療費・慰謝料・休業損害など 上限:120万円

中には死亡補償金額が3000万円あれば充分だろうと考える人もいるかもしれませんが、間違いなく足りません。下記は、35歳男性と40歳の主婦を交通事故で殺してしまった場合の平均損害賠償額です。

【交通事故で死亡時の平均損害賠償額】

35歳男性の場合:トータルで7523万円
(慰謝料が350万円、逸失利益が6163万円、遺族の慰謝料950万円、葬儀費が60万円)

家事従事の40歳女性の場合:トータルで3576万円
(慰謝料が350万円、逸失利益が3166万円、葬儀費が60万円)

出典:「ソニー損保|【損害賠償金】交通事故で死亡された場合、どのように支払われる?

自賠責保険のみの加入であれば、3000万円しか保険で受け取れないので、35歳男性の場合4572万円を40歳主婦の場合576万円を自費で支払うことになります。この金額が多いか少ないかは別として、例え借金をしてでも払い終わったとして被害者家族から許されることはないでしょう。

また怪我の場合の補償の上限120万円ですが、こちらも不十分です。

交通事故の場合、治療費の10割を支払うこととなります。普段の治療費は3割を自分で、7割を国の保険から支出され、高額な手術代でも高額療養費制度で最大20万円程度しか支払う必要がありません。

全額負担となると事故の影響で3ヶ月ぐらい通院しただけでも上限の120万円を超えることはあります。手術をした場合は尚更です。

自賠責保険の補償金額では、事故で相手に怪我をさせた場合に十分な補償ができない可能性が非常に高いです。任意保険に入らないという選択肢は、補償金額の面でもなくなります。

1-2.自賠責保険と任意保険の補償内容を比較

ここで自賠責保険と任意保険の補償内容を確認しておきたいと思います。

補償名 自賠責保険 任意保険 補償内容
対人賠償保険 死亡:3000万円
後遺障害:4000万円
怪我:120万円
相手側の怪我
対物賠償保険 × 相手側の車・建物などの損害
搭乗者傷害保険 × 運転手と搭乗者の怪我での実際の損害
人身傷害補償保険 × 運転手と搭乗者の怪我での定額補償
自損事故保険 × 自損事故による怪我
無保険車傷害保険 × 相手からの賠償を充分に受けられないとき
車両保険 × 不慮の事態で車両が損害を受けた場合

自賠責保険の補償範囲は、被害者側の対人賠償のみで、補償の限度金額にも制限があります。交通事故では、対人・対物で数億円程度の賠償を行わければいけない可能性も充分にあるので、必要最低限な補償すら賄えていません。

対して、任意保険の補償範囲は被害者側、加害者側まで充分にカバーしています。加えて補償金額も対人・対物が無制限、自分の怪我にも対応しています。

補償範囲、補償金額の面から充分に任意保険の必要性を見て取れます。

2.バイクと車の事故率と怪我の重症具合

もうひとつバイクの任意保険に入るべき理由として、事故率の高さと事故時の負傷率の重症具合があります。バイクは一般的にも事故にあいやすく大怪我になりやすいと思われていますが、間違いではありません。

警視庁の統計情報から、車とバイク(125cc以上)の事故率を計算したところ、バイクの方が車よ死亡事故で7.0倍、重症事故で10倍、事故全体で1.46倍、事故に巻き込まれて怪我をする結果となりました。

→「バイクは危険な乗り物なのか?事故率・死亡率を自動車と比較

このことからも、事故を起こした際の補償内容が手厚く、大きな怪我をした際の補償がある任意保険に加入する必要性が非常に高いと言えます。

さいごに.バイク購入の絶対条件は任意保険の加入!入らない選択はなし

バイクの任意保険は、”強制保険である自賠責保険の保証範囲の狭さと限度補償額の少なさ”と”バイクの事故率の高さ”の2つの点から入らないという選択肢はありません。

バイクを購入する際には、任意保険に絶対に加入するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

あなたにおすすめの記事