バイクのナンバーの色と種類|ぜひ車の運転手にも知って欲しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

車のナンバープレートには、普通自動車、軽自動車、大型トラックなどたくさん種類がありますが、実はバイクのナンバープレートにも5つの種類があります。

車でもナンバーによって運転できる免許や税金が違っていますが、バイクでは、加えて守らなければいけない交通ルールまでが変わってきます。また、一見すると同じにみえるバイクでもエンジンの排気量によって、種類が違うことがあります。

特に小さいバイクだと勘違いが起こりやすく、車と同じ制限速度なのに、30キロ制限の原付だと思って無理に追い越したら事故を起こてしまったというケースも多く発生しています。

そこで今回は、原付とバイクの種類を見分けるナンバーの色と違いについて解説します。

事故のない安全運転を心掛けるためにも、バイクを運転する人だけではなく、車を運転するドライバーにも知ってもらいたいです。

1.原付の3種類のナンバーと色

原付は、排気量別で3つのナンバーと2つの法律上の車種に分類されています。それぞれ車体後部のナンバープレートの色で見分けることができます。

  • 50cc:白色ナンバー
  • 51~90cc:黄色ナンバー
  • 91cc~125cc:ピンク色ナンバー

50ccの白ナンバーは原付一種と呼ばれ、原付免許や普通自動車免許で乗れる車種です。30キロ制限など交通上の多くの制限があります。

51cc~125ccの黄色・ピンクナンバーは原付二種と呼ばれています。普通自動二輪免許(小型限定)以上のバイク専用免許が必要になります。公道上では基本的に制限はなく車や大きなバイクと同じように走ることができます。

では、原付一種と二種は、具体的に法律上の交通ルールではどんなところが違うのでしょうか。

1-1.原付一種と原付二種の法律上の違い

51cc以上の黄色とピンクナンバーの原付二種は、実際は一般的な人がイメージする50ccの原付一種とは違い、大きなバイクと原付一種の中間のような車両になります。

原付一種(50cc) 原付二種(51~90cc) 原付二種(91cc~125cc)
道路交通法 原動機付自転車 普通自動二輪車(小型)
道路運送車両法 第一種原動機付自転車 第二種原動機付自転車
速度制限 30km 60km
第一車線左側通行 義務 なし
二段階右折 義務 なし
二人乗り ×
自動車専用道 通行不可
免許 原付免許・普通自動自動車免許 普通自動二輪免許(小型限定)以上
軽自動車税 1000円/年 1200円/年 1600円/年

1-1-1.原付二種は車と同じ。ただし自動車専用道は走行不可

やはり原付二種は、自動車と同じように公道を走行できることが大きな特徴となっています。また税金も原付一種とほとんど変わらないので、維持費が安いことが支持されている理由です。

ただし自動車専用道路は走ることができないので、長距離をツーリングするのには向いていません。あくまで日常使いがメインになると言えます。

1-2.原付一種と二種の外観と性能の違い

次に、原付一種と原付二種が本当にナンバープレートの色以外の外観では見分けが付かないのか説明します。

suzuki-adressv50 suzuki-adressv125
SUZUKI アドレスV50 (50cc原付一種) SUZUKI アドレスV125 (125cc原付二種)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/

それぞれスズキから発売されているスクーターのアドレスV50と125の外観写真です。車体の大きさもほとんど変わらず、外装の色やマフラーの大きさが違っているぐらいで、かなり似ています。走行中に50ccか125ccであることをナンバープレート以外で見分けるのはかなり困難だということが分かります。

性能面ではアドレスv50では頑張っても60キロ程度しかだせません。対して、アドレスV125であれば100キロ程度まで速度が出て、ブレーキ性能や車体強度も全然違い、中身は全く別物です。

他の車種でも50ccと125ccの外観が共通で使われているものが多いのではっきりいって、バイクについて詳しく知っている人以外ではナンバー以外で見分けることは不可能に近いです。

1-3.外観は似ていても原付一種と原付二種は別の乗り物

原付一種と原付二種は外観がとても似ていますが、中身は全く違う乗り物になっています。

車の運転手は、原付一種と原付二種は一見では判別が付きにくいので、一般道を制限速度で走っている小さなスクーターを無理やり抜かないようにすることが大切です。片側一車線を60キロで走っているスクーターを80キロで追い越すドライバーや対向車が来たら幅寄せを行う車が多いのも事実です。

また、原付も車体が小さいからと言って無理なすり抜けをしている人も多いことが事実です。狭い場所ですり抜けをしているのを見ると、バランスを崩して車に当ててしまう可能性も高いです。見ている人もヒヤヒヤしますし、正直やめてほしいのが内心です。

お互いにマナーを守って安全に運転することが必要ではないでしょうか。

1-4.原付のご当地ナンバー

実は原付のナンバーは市町村ごとにデザインを決めることができ、ご当地ナンバーと呼ばれています。

20071126kumo

出典:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/tetsuzuki/zeikin/keiji/sakakumo_number.html

最初に、愛媛県松山市が司馬遼太郎の坂の上の雲をモチーフとしたナンバープレートを2009年の7月に導入しました。それから6年以上経過した2016年の3月現在では、全国380市町村以上がご当地ナンバーを導入してい、密かなブームとなっています。

近くの市町村であれば、違う町のナンバーで登録することもできるので、原付を購入するときのひとつの楽しみと言えるでしょう。

2.バイクの2種類のナンバー

126cc以上のバイクには全く制限がなく、高速道路などの自動車専用道も自動車と同じように走行することができます。

ナンバープレートは、2種類ありそれぞれ車検の有無でデザインが違います。

といっても、ナンバープレートのフチの色が緑色か白色かという違いでほとんど変わりません。あくまでも車検証以外で車検が必要なのか簡単に見分けるためのものです。

それぞれの違いについて、簡単に説明します。

2-1.車検なし|126cc~250ccのバイク

  • 必要な免許:普通自動車二輪免許

ナンバープレートの外枠が白色(緑色のフチがない)車両が車検の必要がない250ccまでのバイクに該当します。

1番のメリットは、車検がないので、年間の維持費を安くできることです。

ただし車検がないからといってメンテナンスをしないと、新車で購入してもすぐにバイクを痛めてしまう可能性があります。特に中古の車種を購入する場合は、メンテナンスが行き届いていない可能性があるので細心の注意が必要です。

2-2.車検あり|251cc以上のバイク

  • 必要な免許:普通自動二輪免許(~400ccまで)、大型自動二輪免許(制限なし)

ナンバープレートの外枠が緑色のバイクが、車検が必要な251cc以上のバイクです。

メリットとしては、車種が豊富であることがあげられます。車検があり費用がかかるのはデメリットですが、きれいに整備すると安全面も安心ですし、マイナー車種や一部の外車でない限り金額もそこまで気にするものでもありません。

3.まとめ

バイクのナンバープレートは、白色ナンバーの原付一種と黄色・ピンク色ナンバーの原付二種、中型・大型バイクの二種類と合計5種類に分類されています。

特に原付一種と、原付二種では見た目だけでは判断できず、中身は全く別の乗り物になっています。

今まで全然知らなかった人は、今度車を運転した時にでも原付のナンバープレートの色に注目してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

*