バイク保険の補償内容とは?7つの保険の内容を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

バイク保険では、対人・対物賠償保険など必須の補償内容に加えて、自分で自由に補償内容を選択することとなります。

選んだ補償内容によって、保険金が支払われるケースが変わり、料金にも大きな差が出てくるので自分に合った内容を選ぶことが重要になります。

そこで今回はバイク保険の7つの種類の補償内容について詳しく説明します。

1.対人賠償保険

対人賠償保険では、事故を起こした場合の被害者側の怪我の治療費や死亡した場合の慰謝料に対して補償が行われます。

補償範囲は、法律で加入が決められている自賠責保険と一緒ですが、自賠責保険では死亡の場合で最大3000万円しか補償されないため超過するケースが多いのが現状です。そこで対人賠償保険を利用して、超過分を被害者に支払うこととなります。

自賠責保険と対人賠償保険は、あくまでも被害者に対する補償なので、自分自身や搭乗者の怪我に対しての支払いは行われません。

2.対物賠償保険

対物賠償保険では、事故によって物を壊してしまった場合の損害に対して補償を行います。事故で相手の車を壊してしまった場合や、お店や自販機などに衝突してしまった場合に賠償が行われます。

事故で物を壊してしまった場合の損害賠償には物自体の直接的な損害もありますが、お店の営業ができなくなったときなど、他人が利益を出す機会を損失した場合の損害もあります。営業できない期間中の利益の損失、人件費、修理代を賠償しなければならないので数千万から数億になることは充分考えられます。

なので対物賠償保険は、対人賠償保険と合わせて任意保険で必須の補償内容であるとともに、賠償金額が膨らみやすいので補償金額を無制限にしなくてはいけない補償です。

3.人身傷害補償保険

人身傷害保険は、運転手と搭乗者が怪我をした場合に実際にかかった損害の補償が支払われる保険です。補償金額は、治療費・休業時の収入・精神的損害などから計算されます。

補償範囲が広く、契約者や家族が契約した車両での事故、他車での事故、歩行中の事故なども対象となるのが特徴です。

4.搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、運転手と搭乗者が怪我をした場合に定額で補償が行われる保険です。補償金は、入院日数や怪我の度合いによってあらかじめ契約時に設定されている金額が支払われます。定額補償なので、補償金額だけでは不足する場合、逆に多くなる場合もあります。補償範囲は、契約した車両に乗っているときだけの対象となります。

最近の傾向としては、補償範囲が広く実際の損害額が支払われる人身傷害保険が優先されていて、それに加えて必要であれば搭乗者傷害保険をオプションとして付け加えるというケースが多いです。

5.自損事故保険

自損事故保険は、雨天時のスリップや不意な段差で自らガードレールに衝突した事故など自車のみの単独事故での怪我で支払われる補償です。補償内容は死亡時の一時金(1500万円)や入院日数による補償金(6000円/1日)とかなり簡素なものとなっています。

人身傷害補償保険と搭乗者損害保険を契約していない場合の最低限の補償といってもいいでしょう。

6.無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、相手からの賠償を充分に受けれないときに適用される補償です。自分が被害者で相手が任意保険未加入の無保険車であって損害賠償が自賠責だけでは足りない金額であった場合や、ひき逃げ、当て逃げをされて相手が誰だか分からない場合などに保険金を受け取ることができます。

対人・対物賠償保険同様、基本的に自動で付随している補償内容です。

7.車両保険

車両保険は、事故や火災・台風など不慮の事態で車両が損害を受けてしまった場合に支払われる保険で契約したバイク自体にかけられます。その補償範囲は、他車との事故・単独事故に加えて火災・台風・イタズラなどかなり広いことが特徴です。ただし地震・噴火・津波など大規模な天災では補償を受けることができないので注意が必要です

またバイク保険の場合は、盗難率が非常に高いので盗難は補償されません。盗難対策として保険に加入するのであれば、専用の盗難保険を選ぶ必要があります。

車両保険は、基本的にはオプションで付けるかどうかは自分で決めることになりますが、バイク保険ではそもそもサービスを提供していない保険会社が多いのが現状です。代理店型保険では、自動車保険と同様のオプションとして提供されている場合が多いのですが、ダイレクト型ではチューリッヒのみで補償範囲も他車との事故のみと制限されています。

加えて、補償額はその時の(ノーマル車の)市場価値によって決まるので新しい車種を購入する資金や充分な修理代金にはなりにくい問題もあります。車両保険は、保険料と補償金額が見合うのかを充分に検討して選択する必要があります。

8.まとめ

最後に、簡単にバイク保険の補償内容についてまとめておきます。

補償名 内容
対人賠償保険 相手側の怪我に対して支払われる
対物賠償保険 相手側の車・建物などの損害に対して支払われる
人身傷害補償保険 運転手と搭乗者が怪我をした場合に実際にかかった損害の補償
搭乗者障害補償保険 運転手と搭乗者が怪我をした場合に定額で補償が行われる
自損事故保険 自損事故による怪我に対して支払われる
無保険車傷害保険 相手からの賠償を充分に受けれないときに支払われる
車両保険 不慮の事態で車両が損害を受けてしまった場合に支払われる

バイク保険では上記の7つの補償内容を考えることと共に、料金面、補償金額面、ロードサービス面でも考える必要があります。

補償内容と適切な補償金額の選び方については、「補償内容と補償金額はどれが適切なのか?」も参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

あなたにおすすめの記事