バイク保険の補償内容と補償金額はどれを選択すればいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

バイクの保険料は、事故率や怪我のしやすさから車と比べるとかなり高く、できるだけ保険料を安くしたいと考えている人は多いでしょう。

そこで今回は、保険料を抑えつつ自分にもっとも合った内容の保険を選ぶために、バイクの任意保険で選択するべき補償内容と適切な補償金額について解説します。保険選びの際の参考にぜひ利用してください。

任意保険の補償内容は、基本的に以下の7つの保険で成り立っています。(詳しい補償内容は、「バイク保険の補償内容とは?7つの保険の内容を確認」を参照。)

補償名 内容
対人賠償保険 相手側の怪我に対して支払われる
対物賠償保険 相手側の車・建物などの損害に対して支払われる
人身傷害補償保険 運転手と搭乗者が怪我をした場合に実際にかかった損害の補償
搭乗者傷害補償保険 運転手と搭乗者が怪我をした場合に定額で補償が行われる
自損事故保険 自損事故による怪我に対して支払われる
無保険車傷害保険 相手からの賠償を充分に受けれないときに支払われる
車両保険 不慮の事態で車両が損害を受けてしまった場合に支払われる

これらの補償内容は、どれくらいの補償金額が適切なのでしょうか?

1.対人・対物賠償保険は無制限

対人賠償保険・対物賠償保険の補償金額は無制限が基本です。

なぜなら、事故を起こした場合に3000万~1億円程度の補償金額では足りない可能性が十分に考えられるからです。以下は交通事故を起こした場合の、裁判所での高額賠償判例です。(データは損害保険料算出機構より)

【人身事故の高額賠償判例】

  • 5億2853万円|開業医の死亡事故(平成23年横浜地裁)
  • 3億9725万円|大学生の後遺障害事故(平成23年横浜地裁)
  • 3億7350万円|小学生の後遺障害事故(平成26年東京地裁立川支部)

【物損事故の高額賠償判例】

  • 2億6135万円|呉服・洋服・毛皮の積載被害(平成6年神戸地裁)
  • 1億3580万円|パチンコ店の店舗被害(平成8年東京地裁)
  • 1億1798万円|精密機械の積載被害(平成19年大阪地裁)

人身事故では、1億円以上の賠償金は当たり前で場合によっては3億円以上の判例も多く出ています。物損事故では、1000万円以上の損害は全体の1%程度とも言われていますが、上記のような高額判例も多数あるので、無制限が適切であるといえます。

補償金額を無制限ではなく、3000万円・5000円などにもできますが、どちらにしろ補償金額は高額なので年間で数千円程度しか保険料が変わりません。少しの支払う保険料の安さで補償金が払えなくなる大きなリスクを取るよりは、無制限にして事故の際に完全に補償されることで安心できます。

2.人身傷害・搭乗者傷害保険は自分に合った選択を

運転手(自分)もしくはタンデム時の搭乗者が怪我をした、もしくは死亡した場合の補償は人身傷害保険・搭乗者傷害保険から支払われます。

ふたつの保険内容がどう違うのか簡単に説明すると、人身傷害補償は怪我の治療費の実費・休業損害・交通費などが補償されるのに対して、搭乗者傷害保険は怪我の具合に対して固定でのお見舞金・入院の日額で補償金が支払われます。

人身傷害保険は、補償範囲が広く実費で使った分だけ金額が算出されること、事故の過失に関わらず支払われることがメリットですが、保険料が高くなりやすいことがデメリットに挙げられます。補償金額は最低の3000万円が多く支持されていて、死亡事故や重度障害の補償を考えるのであれば5000万円以上の補償金額も選択肢になります。

搭乗者傷害のメリットは、補償金額が怪我の具合に対する固定なので支払いが迅速で保険料も安いということです。ただし、デメリットとして補償範囲が狭く、補償金額では治療費が足りない場合もあること、自分の過失が高い事故の場合はそもそも支払いが行われないことが挙げれれます。補償金額は、入院費が日額で1万円以上となる1000万円あたりの選択が多いですが、怪我の具合に対する支払金額も考慮しながらの選択が必要です。

なお最近では人身傷害保険を選択して、補償金額は3000万円もしくは5000万円のパターンがもっとも多いようです。

なかには自分は医療保険に入っているから大丈夫だと思われる人もいるかも知れませんが、医療保険では通院時の治療費の補償がされず搭乗者の怪我の補償も受けられないのでできれば入っておきたいところです。ただし十分な貯蓄があり、絶対に後ろに人を乗せないという人であれば付けない選択肢もあります。

3.自損事故・無保険車傷害保険は自動給付

自損事故保険・無保険車傷害保険はどの保険会社でも基本の補償内容となっているので、特に考える必要はありません。

自損事故保険は、保険会社によっては人身傷害保険に加入していれば外せることがあります。その場合は、補償内容自体が被っていて、人身傷害保険のほうが手厚い補償金なので外しても大丈夫です。

4.車両保険の必要性は低い

車両保険は、自動車保険であれば事故時の自車の補償・天災・盗難の手広い補償範囲と値段の安さから付けておいても問題ない補償ですが、バイク保険の場合は大きく状況が変わります。

まず、バイク保険では補償範囲として盗難が対象外となっています。また、そもそも車両保険を用意していない保険会社も多く、加入できたとしてもチューリッヒのバイク保険のように天災での補償がなく、事故での損傷の場合のみ保険料が支払われる場合もあります。

加えて保険料が非常に高額になりがちな点がデメリットです。例えば、100万円以上の価格の大型バイクであれば、車両保険だけで年10万円以上となることも当たり前です。

その上、事故時に支払われる補償金額は、その時のノーマル車の時価などの基準で決まるので、効果なカスタムパーツなどの値段は計上されない可能性が非常に高いです。

以上の理由から、バイクの車両保険はあまり必要がないと言えます。

5.まとめ

補償名 補償金額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
人身傷害補償保険 3000万円でも良い。重度障害・死亡補償を考えるなら5000万円
搭乗者傷害補償保険 1000万円が適当。人身傷害補償に入っているなら外す選択肢も
自損事故保険 基本補償。人身傷害補償に入っていて外せるなら外しても大丈夫
無保険車傷害保険 基本補償。補償金額は2億円で固定
車両保険 月々の支払い金額と補償内容の面から必要性は低い

バイク保険の補償内容はある程度決まっているので、選ぶ際に重要となるポイントは怪我に対してどのような補償を受けれるようにするのかであるといえるでしょう。

任意保険を選ぶ際には、上記の補償内容と金額を目安にして頂けたらと思います。保険料を安く抑えるためには「バイク保険の一括見積もりサービス」も活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

*